庇(ひさし)ガイド

庇(ひさし)の効果

アクセント庇施工例

庇の最も大切な機能 は「日差しの制御」です。 当たり前のだと思われるでしょうが、夏の日差しをきちんと遮り、冬には日差しを入れることで、室内環境に大きな影響を与えます。

庇の無い部屋で、夏場に直接陽射しが部屋に入ってきてしまっては、いくらクーラーをつけても追いつきません。 南面の窓は特に注意が必要です。夏、「クーラーの効きが悪い」 と感じるとき、日中部屋に直接入る日差しはどうでしょうか?庇が短いせいで、直射日光が部屋に降り注いでいたら、庇の長さをみてください。

夏の太陽を遮った庇ですが、冬の暖かな日差しを遮ったりはしません。太陽には太陽高度という角度があり、夏場と冬場では陽射しの角度が全く違います。冬の太陽は夏に比べて低い位置にあり、庇に遮られることなく部屋を照らします。

取り付け簡単!三協住建の「平成庇」

三協住建の平成庇には、建設時に付ける庇「先付け庇」と、建設後にも付けられる庇「後付け庇」があります。

先付け庇(ひさし)

先付け庇(ひさし)とは、家を建てる際の骨組みの段階で取り付ける庇のことです。 庇を取付けた後に外壁をつけるため、外観の見栄えが良いのが特徴です。

先付け庇 横断面図
 先付けは外壁の中に庇(ひさし)を取り付ける為、ビス(子ネジ)が外から見えません。

後付け庇(ひさし)

後付け庇(ひさし)とは、家を建てた後でも取付けることができる庇のことです。 家を建て終わっても、「日よけが欲しい」と思った場所に取付けることができるのが特徴です。

後付け庇ビス留め詳細ビス止めのピッチは、指定可能です。

先付け庇 横断面図
 後付けは外壁に直接庇(ひさし)を取り付ける為、取り付けに使用したビス(子ネジ)が見えてしまいます。
それを防ぐために上からカバーを掛け、取り付け穴を目立たなくします。